es Español

のブログ FIDE

ブログ仕事とグローバリゼーションの未来

#futuroworkブログ

10年の労使関係の2022の傾向

COVID-19の新しい亜種(現在はオミクロンですが、他のものは後で登場します)は、2022年に労使関係に新しい傾向をもたらします

読む>>

COVID19の交差点での労働関係。パートXNUMX

労使関係管理者協会(ADiReLab)は、労使関係部門の最大の関心を背景に、20月200日にV年次総会を開催しました。 協会は、パンデミック後の現在の労働シーンとその将来の鍵を定義するのを助けることを目的として、電子的に会議に同意したXNUMX人以上のパートナーを集めました。

読む>>

COVID-19の交差点での労使関係。 最初の部分

労使関係管理者協会(ADiReLab)は、労使関係部門の最大の関心を背景に、20月200日にV年次総会を開催しました。 協会は、パンデミック後の現在の労働シーンとその将来の鍵を定義するのを助けることを目的として、電子的に会議に同意したXNUMX人以上のパートナーを集めました。

読む>>

作成者

カルロスデラトーレガルシア

Gomez Acebo y Pombo の労働エリアのパートナー。 ADIRELAB の創設パートナー兼副社長。 Fundación Sagardoy のアカデミック ディレクター、UC3M の労働法の教授、さまざまなフォーラム (IE、CEF、ASEFIGET、Aranzadi など) の客員教授。 学術顧問 Fide.

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。