es Español

気候緊急事態と水管理に関するグループは、改善のための7つの提案を提示します

「気候変動が水分野で生み出しているますます頻繁で深刻な問題に対応するための7つの提案」

気候緊急および水管理ワーキンググループは、オンラインセッションでその結論と提案文書を発表しました。

セッションは、水管理における制度改革の可能性や水文連合の図などのガバナンス問題の分析に専念し、その軌跡を示した治安判事兼作業部会のディレクターであるギレルミナ・ヤングアスによるいくつかの冒頭の言葉で始まりました気候上の緊急事態に直面したときのその位置。 民間部門の役割や土地管理など、計画に関連する事項。 欧州の規制を変更する可能性などの規制の問題。

ギレルミナはまた、スエズの法務部長であるギレルモ・ゴンザレス・デ・オラノを紹介しました。 XNUMXつの提案 グループの、関連する:

  • 緩和と適応のタスクにおける水の役割、
  • 弾力性のある水システムの設計と技術の役割、
  • コスト回収の原則の最も厳密な適用、
  • 行政間協力の推進、
  • 浄化に関するコミュニティ規制の最も厳格な適用、
  • 脆弱なグループの防御と保護、および
  • 気候変動の文脈における水問題によって提起された問題の継続的な監視。

これらのスピーチの後、参加者と幅広い討論が行われ、グループが到達した結論と提案されたXNUMXつの提案が砲撃され、セッションはスエズのフェデリコ・ラモス事務局長によって締めくくられました。

記事がおもしろいと思ったら、

ソーシャルネットワークで共有することをお勧めします

Twitter
LinkedIn
Facebook
お使いのメールアドレス

コメントを残します

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。