es Español

ワークグループ

行政機関でのクラウドへのアクセス

どうして?

このグループは、特にクラウドにおいて、行政が技術革新に完全にアクセスすることを妨げている障害を調査することを目的として誕生しました。

公共部門のデジタルおよびグリーンへの移行は、前例のない投資の動員を 2021 年間で実行する必要があり、ほとんどが従来の公的入札および購入プロセスを通じて行われています。 スペインの 2023 を超える公共調達センターからの個々の入札に基づいて 8.000 年から XNUMX 年の期間にこれらの資金を投入すると、締め切りに間に合わない運命にあります。

迫り来るような経済状況では、公共サービスのデジタルトランスフォーメーションを加速することが不可欠です。 パンデミックの際に実証されたように、この変化を短期間で実現できるのはクラウドだけです。 現在の公共調達がそれを妨げています。

アクション

  1. 開始 意識向上活動、行政における復興基金の執行のための公共調達を加速する措置を支持するための提案とコンセンサスの策定. 特に、あらゆる種類の革新的なテクノロジー、特にクラウドテクノロジーへのアクセスを提供する機敏な公共調達手段を通じて、公共サービスのデジタルトランスフォーメーション計画を実行するため。
  2. 公共部門における復興基金の実行と管理を担当する政府機関に、州および地方の行政機関と地方自治体との間の公共サービスにおけるデジタル格差のリスクについて通知する、資金の一般的で機敏な実行メカニズムの欠如によるものです。 クラウドは、各ニーズと行政への俊敏性と適応性を促進しますが、クラウドで求められているこれらの利点は、契約によって焼灼されます。 集中型の契約手段 (フレームワーク契約または動的購入システム) のみが、管理者にとってクラウドの利点へのアクセスを高速化します。
  3. すべての公的および民間の経済運営者の参加を保証するための補完的かつ包括的な手段を提案する スペイン デジタル プラン 2025 の実行において。

グループ取締役

ホセ・アメリゴ

PwCのパートナー。 休職中の国家評議会の弁護士。

ハビエル・トーレ・デ・シルバ

パートナー部門 TMC、CMS Albiñana、Suárez de Lezo
アカデミックコーディネーション: カルメン・エルミダとパウラ・デ・ベニート

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。