es Español

ワークグループ

会社法

どうして?

研究グループの目的は、資本会社の法律の詳細な調査を実施して、発生し続ける解釈上の問題を特定し、解決された問題を強調し、可能であれば、該当するものを改善する可能性のある法改正に関する結論を提案することでした。法制度。

分析領域

会社法の構成

資本会社の種類と規制原則

パートナー、マイノリティパートナー、総会の関係

手順

会社法II

グループの活動はこの第XNUMX段階でも進んでいますが、最近では、現在のパンデミック状況や国の宣言から生じる規制によって影響を受ける可能性のある企業の問題を​​議論するために、グループのアプローチが中断されています。警報。 

このグループは、XNUMX月を通してXNUMXつの生産的な臨時セッションで会合し、結論の文書を作成しました。。 それらの中で、一方では、警戒法の状態の保護の下で生じるいくつかの規則の特定の解釈上の疑問が払拭され、他方で、その解釈が非常に異なる結果を引き起こす可能性がある他のいくつかを明確にすることが要求されます、それが広い場合。またはstrictosensu。

MªdelMarHernándezRodríguezとJoséMaríaMuñozが共同監督作業を実施し、この結論文書の作成のために作業部会の各メンバーのすべての貢献を取り入れてくれたことに感謝します。

2017年XNUMX月に設立された会社法に関する作業部会では、現在のパンデミック状況とその結果として生じた規制によって影響を受ける可能性のある問題の側面について議論するために、XNUMXつの臨時セッションがオンラインで開催されました。警報状態の宣言; 健康危機に伴う複雑な経済的および法的状況の影響を受ける無数の進行中の法的関係のためのアイデア、代替案、および可能な解決策を提案し、法律がその特徴的な反応機能を放棄し、イベントを予測し、社会的結束、経済の活性化、そして最終的には法的安全を保証します。

このワーキンググループに参加しました: 

1.マリア・アンヘレス・アルカラ・ディアス、商法教授。 ラモン・イ・カハール・アボガドスの顧問。
2.SegismundoÁlvarezRoyo-Villanova、公証人。
3.ホセ・マリア・ブランコ・サラレギ、民事地域最高裁判所技術局長。
4.PinsentMasonsスペイン商務部のパートナーであるInmaculadaCastellóBernabéu。
5.アマンダ・コーエン、コルドバの第一地方裁判所セクションの商業スペシャリスト治安判事。 法務省法務長官顧問。
6.AnaFernández-Tresguerres、マドリッドの公証人。 法務秘書DG法務セキュリティと公的信仰。 RAJYLEの数のアカデミック。
7.ハビエル・ガルシア・デ・エンテリア、商法教授。 クリフォードチャンスのスペインオフィスでの企業/ M&Aプラクティスのマネージングパートナー。
8.マドリッド自治大学の国際私法教授、FranciscoGarcimartínAlférez。 Linklatersコンサルタント。
9.MarHernándezRodríguez、(GTDSコーディネーター)、カンタブリア地方裁判所の第4セクションの治安判事。
10.ハビエル・イレスカス・フェルナンデス・ベルメホ、バンコ・サンタンデールの企業法務顧問。
11.ホセマリアムニョスパレデス(GTDSコーディネーター)、弁護士、J&Aガリーグのパートナー。 商法教授。
12.CándidoPaz-Ares、弁護士、UríaMenéndezのパートナー。 マドリッド自治大学商法教授。
13. Juan Ignacio Peinado Gracia、弁護士。 J&A GarriguesSLP商法教授の弁護士。
14.フランシスコ・ペレス-クレスポ・パヤ、マドリッドのクアトレカサスの企業部門のパートナー。
15.AugustoPiñel、Gómez-Acebo&PomboAbogadosのパートナー。 大学金融研究センター(CUNEF)の商法教授。
16.ヘスス・キハノ、一般成文化委員会の商法セクションの常任理事国。 バリャドリッド大学商法教授。 アレン&オーヴェリーアカデミックアドバイザー。
17.ヨランダ・リオス、治安判事-バルセロナの商事裁判所第1号の裁判官。
18.ÍñigoVilloria、弁護士。 クリフォードチャンス、訴訟および仲裁部門のパートナー。 破産エリアの責任者。

結論文書警戒状態の際の会社法ワーキンググループ

結論文書。

27年2020月XNUMX日に投稿されました。

会社法I

研究グループの目的は、資本会社の法律の詳細な調査を実施して、発生し続ける解釈上の問題を特定し、解決された問題を強調し、可能であれば、該当するものを改善する可能性のある法改正に関する結論を提案することでした。法制度。

 

MªdelMarHernándezRodríguezとJesúsQuijanoGonzálezは、共同監督作業を実施し、この結論文書の作成のために作業部会の各メンバーの貢献をすべて取り入れてくれたことに感謝します。

  • 会社法の構成
  • 資本会社の種類と規制原則  
  • パートナー、マイノリティパートナー、総会の関係
  • 資本と支払能力
  • 管理者:義務と責任

このワーキンググループに参加しました: 

1.JesúsAlmoguera、J。AlmogueraAbogadosの弁護士。 アカデミックカウンシルオブフィデのメンバー
2.SegismundoÁlvarezRoyo-Villanova、公証人
3.ホセ・マリア・ブランコ・サラレギ、民事地域最高裁判所技術内閣の治安判事
4.PinsentMasonsスペイン商務部のパートナーであるInmaculadaCastellóBernabeu
5.ハビエル・ガルシア・デ・エンテリア、商法教授。 クリフォードチャンスのスペインオフィスの企業/ M&Aプラクティスのマネージングパートナー
6.マドリッド自治大学の国際私法教授、フランシスコ・ガルシマルティン・アルフェレス。 Linklatersコンサルタント。 アカデミックカウンシルオブフィデのメンバー
7.休暇中の州弁護士、ラファエル・ギル・ニーバス
8.マドリッド自治大学の国際私法教授であり、リストラおよび破産および訴訟および仲裁部門のガリーグの準会員であるイヴァン・エレディア・セルバンテス
9.MªdelMarHernándezRodríguez、(GTDSコーディネーター)、カンタブリア地方裁判所の第4セクションの治安判事
10.ハビエル・イレスカス・フェルナンデス・ベルメホ、バンコ・サンタンデールの企業法務顧問
11.PabloOliveraMassó事務局長およびALEATICA理事会
12.CándidoPaz-Ares、弁護士、UríaMenéndezのパートナー。 マドリッド自治大学商法教授。 アカデミックカウンシルオブフィデのメンバー
13.フランシスコ・ペレス-クレスポ・パヤ、マドリッドのクアトレカサスの企業部門のパートナー
14.セプサの事務局長兼取締役会事務局長、イグナシオ・ピニージャ・ロドリゲス
15.AugustoPiñelRubio、弁護士、Gómez-Acebo&Pomboの企業部門のパートナー。 CUNEFの商法教授
16.ヘスス・キハノ・ゴンザレス(GTDSコーディネーター)、バリャドリッド大学商法教授。 一般成文化委員会の常任理事国。 アレン&オーヴェリーアカデミックカウンセラー; アカデミックカウンシルオブフィデのメンバー
17.CMSのパートナーであるRafaelSuárezdeLezo-Albiñana&SuárezdeLezo
18.GarriguesのパートナーであるAdriánTheryMartí
19.ÍñigoVilloriaRivera、弁護士。 クリフォードチャンス、訴訟および仲裁部門のパートナー。 破産エリア長

ファイナルレポートセッションワーキンググループ会社法

結論文書。

2019年XNUMX月に公開されました。

興味のある他の出版物

セッションの概要:増資と転換企業の新しい体制。

読む

グループ取締役

MªdelMarHernándezRodríguez

カンタブリア地方裁判所の第4セクションの治安判事。

ホセマリアムニョスパレデス

弁護士。 J&Aガリーグのパートナー。 オビエド大学商法教授。
アカデミックコーディネーション:シルビアオルガニスト

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。