es Español

ワークグループ

気候緊急事態と水管理

どうして?

ワーキンググループは意図している 気候緊急事態が水に関連して提起する問題への具体的な提案に貢献する、これまでで最も関連性の高い文書と立法プロジェクト(特に、環境移行省によって作成されているスペインの気候変動に関する法案と水ガバナンスに関するグリーンブック)を参考にしています。

分析領域

国際水位

使用と公共管理

私的使用の規制

ますます極端な気象現象の増加は、多くの地域ですでに本物の話があるという事実につながっています 「気候緊急事態」。 この緊急事態の影響を受けたすべてのセクターの中で、おそらく水セクターが最も明白です。 激しいエピソード 非常に破壊的で、 長期の干ばつ、増加 砂漠化 気候変動などの明らかな増加と相まって。

この状況により、州および地域の多くの議会は、17月2050日の副議会本会議の動議などの声明を発表し、政府にスペインの気候緊急事態を宣言し、横断的な政策を活性化するよう求めました。 XNUMX年までに気候中立を達成することを可能にします。

グループディレクター

ギレルミナ・ヤングアス

治安判事および法学博士。 アカデミックカウンシルオブファイドのメンバー。
アカデミックコーディネーション:シルビアオルガニスト

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。