es Español

ワークグループ

市民に奉仕する行政:今後数十年の課題

どうして?

将来の行政が直面し、提供されるサービスを条件付ける課題は多く、複雑ですが、次のようにグループ化することができます。人口動態と高齢化の課題。 技術的な課題; 渡り鳥の挑戦; テリトリー間のモビリティと接続性の課題。 環境への挑戦; と予算の持続可能性の課題。
 
これらの課題やその他の課題に直面するには、個人だけでは安全保障、人口の高齢化、社会的不平等、移民危機、環境側面などの側面に対応できないため、今後数十年の行政は現在と同じかそれ以上に必要になります。

政権はそれとは異質な分野に介入すべきではありませんが、 公正な規制を確保する ますます複雑になり、ダイナミックで相互接続された世界で、これらの側面やその他の側面を効果的に活用できます。 そしてこのために、それは進化し続け、変化により良く適応しなければなりません:それは 戦略的オリエンテーション 行政の各レベルと、問題に直面した場合の対応に限定されないが、市民の懸念とニーズの進化の早期分析を実行することによって積極的に行動する行動。

これらの課題やその他の課題に直面するには、個人だけでは安全保障、人口の高齢化、社会的不平等、移民危機、環境側面などの側面に対応できないため、今後数十年の行政は現在と同じかそれ以上に必要になります。

質問

  • 今後数十年で私たちの政権はどのように進化し、どのような種類のサービスを提供する必要がありますか? 
  • 州および地方自治体の公共サービスの管理の観点から、今日すでに予想できるさまざまな人口統計学的、技術的、移住的、環境的および予算上の課題にどのように直面するか?
  • これらの課題によりよく立ち向かうために、行政はどのような変革を起こすべきでしょうか。

グループコーディネーター

マリオ・ガルセス

休職中の州の管理者および監査人および州財務省の検査官。 アカデミックカウンシルオブフィデのメンバー

マヌエルフレズノ

会計監査役-休暇中の州の監査人。
アカデミックコーディネーション:ビクトリアダル湖デミ

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。