es Español

ワークグループ

年金

どうして?

新しいFIDE年金グループは、完全な知的自由から、トレド協定委員会の最近の勧告に改善のための提案を提供する予定です。 このため、これらの提案は市民社会に転送され、対応する規制変更プロセスで考慮に入れることができます。

年金制度の持続可能な改革は、2022年に団塊世代の大規模な退職の始まりが近づき、平均余命が予想され、継続的に増加することを考えると、スペイン社会のかけがえのない目標となっています。私たち全員に影響を与える新しい働き方と生産方法。

間違いなく、委員会の報告が議会で承認された直後であると断言できます。したがって、寛大さとコミットメントを持って取り組むことを提案します。

出版物

結論ワーキンググループ年金

UCMの名誉教授でAGEFoundationの会長であるTomásArrietaが率いる年金ワーキンググループは、トレド協定委員会の勧告の分析にここ数ヶ月取り組んできました。昨年末。

Eco en Prensa:

  • Cobrar pensión y seguir trabajando: el nuevo contrato para salvar el sistema, La Información, 22/06/2021 Leer Noticia

  • FIDE presenta el documento de conclusiones del Grupo de Trabajo Pensiones, Lawyerpress, 22/06/2021 Leer Noticia

  • Cobrar pensiones mientras se trabaja: la solución de FIDE para mejorar el sistema, Catalunyapress

  • Cobrar pensions mentres es treballa: la solució de FIDE per millorar el sistema, Catalunyapress

  • Los expertos piden un contrato nuevo para trabajar y poder cobrar la pensión de jubilación, El Economista, 22/06/2021 Leer Noticia

  • Valerio confía en que “cuanto antes” haya acuerdo en pensiones y prevé que Escrivá comparezca este mes o el siguiente, Diario Siglo XXI, 22/06/2021 Leer Noticia

  • Valerio confía en que “cuanto antes” haya acuerdo en pensiones y prevé que Escrivá comparezca este mes o el siguiente, Noticias Servimedia, 22/06/2021 Leer Noticia

グループディレクター

トマス・アリエタ・カリージョ

UCM名誉教授、AGE財団理事長。 Fide アカデミック カウンシルのメンバー。
アカデミックコーディネーション:ベレンブランコとビクトリアダルラーゴ

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。