es Español

ワークグループ

憲法改正

どうして?

40年憲法の承認から1978周年を迎え、憲法を改革し、適応させる必要性が明らかになりました。 これに、制度的危機の認識と、新しい政治的アクターの出現で明らかになった再生の必要性が追加されました。 最後に、カタルーニャに特に影響を与える領土統合の深刻な危機は、憲法の改正を提案する必要性の最終的な理由を提供しました。 だからこそ、市民社会は議論や憲法改正案に積極的に協力することが不可欠であり、FIDEはこの議論の理想的なプラットフォームになっています。

分析領域

州の領土組織

代表的なモデル:政治的代表と選挙制度の組織としての国会。

基本的権利

手順

憲法改正III

この新しい段階は、DDFFに関する憲法改正の可能性の分析に焦点を当てています。 20-21学年度中に、以下の主題を分析しました。

  • オープニングセッション25月XNUMX日基本的権利とCovid-19 "

スピーカー: ミゲルエンジェルプレスノリネラ、オビエド大学憲法教授

  •  セッション25月XNUMX日: 「健康上の緊急事態における基本的権利の制限:バランスと展望」

ポネンテス: ファビオマテオイースター、裁判所の弁護士およびヨーロッパの選挙法の専門家および フランシスコ・ベラスコ・カバレロ、 マドリッド自治大学行政法教授

  • セッション15月XNUMX日: 「表現の自由とその憲法上の保護の権利に関する質問」

スピーカー: フアン・マルティネス・カルボ、Simmons&Simmonsのインフラストラクチャとエネルギー分野を担当するパートナー

  • セッション21月XNUMX日: 「誤報」

ポネンテス: ミゲルアンヘルバレステロスマーティン、国防省スペイン戦略研究所所長 サンティアゴソルデビラフラゴソ、 国立裁判所の治安判事

  • セッション3月XNUMX日: 「デジタル世界におけるプライバシーの権利」

スピーカー: リカード・マルティネス・マルティネス、バレンシア大学のプライバシーおよびデジタルトランスフォーメーションの議長のディレクター

  • セッション11月XNUMX日: 「信教の自由と国家の中立」

ポネンテス: フリオ・マルティネス、ポンティフィシアコミラ大学の神学博士と ビクトル・バスケス、 セビリア大学憲法教授

  • 23月XNUMX日セッション: 「教育を受ける権利」

スピーカー: マリアイザベルアルバレス、ポンティフィシア・コミラス大学法学部の法学博士および憲法教授および アレハンドロ・ティアナ・フェレール、 教育・職業訓練省教育省長官

WGはコース21-22で作業を続けており、まもなくこれらの期間中に分析中の主題について詳しく説明します。

憲法改正II

選挙制度とその可能な改革の研究は、憲法の重要な要素です。 活動を続けているこのグループは、第XNUMX段階での議論に焦点を当てています。 代表的なモデル:政治的代表と選挙制度の組織としての国会。 可能な改革。 

I.-選挙区。 州、自治州、唯一の地区
II.-選挙の障壁:それらの必要性、それらの効果、州、地域または国レベルでのそれらの考慮。 
III.-選挙人と選挙人との関係を強化するメカニズムの導入
IV選挙の公式。
V.-選挙制度の他の要素:年齢、投票能力、電子投票、郵送による投票、海外での投票。
VI.-政府の憲法における多数派を促進するためのメカニズム。
VII.-選挙制度と政党制。

このワーキンググループに参加しました: 

  • Mariano Bacigalupo Saggese、 UNEDの行政法学部の大学教授。 アカデミックカウンシルオブファイドのメンバー。
  • イグナシオボラホイニエスタ、 法学教授(ナバラ公立大学、se)
  • イスマエルクレメンテオレゴ、 エコノミスト
  • マリア・ギャロテ・デ・マルコス、 契約教授ドクター(ERI)、コンプルテンセ大学憲法学部学術秘書
  • マキシミーノリナレスギル、 休暇中の州弁護士
  • ルイス・ファビアン・マルケス・サンチェス、 労使関係SA(アリンサ)アナリスト兼弁護士社長
  • フアン・マルティネス・カルボ、 インフラストラクチャとエネルギー分野を担当するパートナー、Simmons&Simmons
  • サルバドールルイスガルド、 マネージングパートナー、経済チーム
  • エンジェルサンチェスナバロ、 コンプルテンセ大学憲法教授
  • ホセ・エンリケ・セラーノ、 マドリッドコンプルテンセ大学労働法教授
  • マヌエルシルバサンチェス、 Roca Junyentコンサルティングパートナー、州弁護士
  • サンティアゴソルデビラフラゴソ、 憲法裁判所の元弁護士
  • JuanVelázquezSáiz、 弁護士、Instituto deEmpresaの元憲法教授
  • エレナ・ヴェレイロ・クート、Pérez-LlorcaAbogadosのパートナー、州弁護士
  • Ainhoa Uribe Otalora、 CEUサンパブロ大学法学と政治学の同時学位の教授兼アカデミックコーディネーター。

 

このFideワーキンググループに参加したすべての人々は、専門的な仕事を行う団体、事務所、大学、または企業を代表するのではなく、個人的な立場で参加したため、これらの結論は反映されておらず、組織のポジションを収集するのではなく、グループの各メンバーの特定のポジションを収集します。

選挙制度改革についての考察

結論文書。

27年2020月XNUMX日に投稿されました。

憲法改正I

作業部会は、2017年2018月からXNUMX年XNUMX月までのXNUMX回の作業セッションで、XNUMX年以上にわたって会合を開き、州の領土組織に関する憲法の合意改革に関連する問題が分析されました。

40年憲法の承認から1978周年を迎え、憲法を改革し、適応させる必要性が明らかになりました。 これに、制度的危機の認識と、新しい政治的アクターの出現で明らかになった再生の必要性が追加されました。 最後に、カタルーニャに特に影響を与える領土統合の深刻な危機は、憲法の改正を提案する必要性の最終的な理由を提供しました。 だからこそ、市民社会は議論や憲法改正案に積極的に協力することが不可欠であり、FIDEはそのための理想的な議論の場となっています。

ドキュメントでは、他の問題の中でも、次のことを示しています。

  1. 私たちの憲法の領土組織システムは、その一般原則の有効性を損なうことなく、統一と自治の原則の間のより良いバランスを達成するという意味で改善の影響を受けやすく、同時にそれをより効率的かつ厳格にします国民の統治の条件。
  2. 州と自治州の間の能力の帰属のシステムは、能力の帰属がより明確になり、後の変更の可能性が閉じられるように単純化されなければなりません。 これは芸術の修正を必要とするでしょう。 基本的に149.3、147、148、150。
  3. 提案されているこの新しい一般的な枠組みでは、権力の帰属のシステムを閉じることで、どの権力が自治州に帰属し、どの権力が州の一般機関に帰属するのかという問題を掘り下げて、可能性を開く必要もあります。現在割り当てられているものの(両方向の)変更の数。
  4. 憲法は、州の植物が自治州の存在に適応することを認めるべきであり、それはすべての自治州の義務的な境界、義務的な選挙区、および州の活動の境界としての州の状態の柔軟性につながるはずです。
  5. 自治州の資金調達システムの基盤は憲法化されなければなりません。 州は、自治州の完全な財政的自治が保証されている第XNUMXレベルの支出と両立する基本的な公共サービスの提供に対する共通の資金調達を確保しなければなりません。 経済的不均衡を是正することを目的とした基金は、すべての自治州をカバーし、より透明で客観的な方法で管理する必要があります。この原則は、バスクとナバラの割り当て設定システムにも適用する必要があります。 憲法は、システムに正味の条件でリソースを提供する自治州が、受け入れコミュニティよりも住民あたりの財政能力が低下することを防ぐ必要があります。
  6. 上院の役割は、その構造と運営を完全に修正し、領土統合の機能を真に実行する機関となるように改革されなければなりません。 これらの目的のために従うことが提案されているモデルは、欧州連合理事会またはドイツ連邦参議院のモデルであり、上院は、投票の重み付けで行動する自治政府からの代表者で形成されます。 それらの機能は、特に実行が自治州に対応する問題において強化されるべきである。
  7. 並行して、下院はそれが一般的な利益の代表の部屋であることを保証しなければならず、それは後でより詳細な反省に値するという観点から選挙制度の改革を必要とするでしょう。
  8. 最後に、中央州と自治州の間の協力と協力の新しい手段は、憲法の137、145、または153などの条項を変更することによって導入されなければなりません。

このワーキンググループに参加しました: 

  • フアンルイスアラゴネス、サシールの弁護士;
  • ガスパール・アリノ・オルティス、行政法の教授。 AriñoyVillarの社長、弁護士。
  • マリアーノ・バチガルポ・サゲセ、大学教授、UNED行政法学科;
  • イグナシオボラホイニエスタ、法学大学教授(ナバラ公立大学、se);
  • イスマエルクレメンテオレゴ、 エコノミスト;
  • トマスデラクアドラ-サルセドフェルナンデスデルカスティージョ、カルロスXNUMX世大学行政法名誉教授。
  • フリオ・フェンテス・ゴメス、州の市民管理者;
  • サンティアゴ・ハルタド・イグレシアス、休暇中の州弁護士。 デロイトリーガルパートナー;
  • マキシミーノリナレスギル、 休暇中の州弁護士。
  • ルイスファビアンマルケスサンチェス、社長、労使関係アナリストSA(アリンサ)および弁護士;
  • フアン・マルティネス・カルボ、弁護士、パートナー、デロイトリーガル;
  • デビッドメラドラミレス、PWCのパートナー。 州弁護士。 元財務行政省の技術事務局長。
  • JoséLuisPiñarMañas、 カスティーリャラマンチャ大学(余剰)およびCEUサンパブロ大学の行政法教授。 弁護士;
  • ホセ・アントニオ・ロドリゲス・アルバレス、 州弁護士。 Ashurstの訴訟法部門のパートナー。
  • ルイス・ロドリゲス・ラモス、刑法および弁護士の教授;
  • サルバドールルイスガルド、 マネージングパートナー、経済チーム;
  • エンジェルサンチェスナバロ、コンプルテンセ大学の憲法教授。
  • マヌエルシルバサンチェス、 Roca Junyentコンサルティングパートナー、州弁護士。
  • サンティアゴソルデビラフラゴソ、憲法裁判所の元弁護士。
  • ハビエル・タジャドゥラ・テハダ、バスク大学憲法教授;
  • JoaquínTornosその他、行政法の教授。 弁護士、トルノス・アボガドス;
  • フアン・ベラスケス・サイズ、Instituto deEmpresaの憲法教授。
  • エレナ・ヴェレイロ・クート、Pérez-LlorcaAbogadosの弁護士、州弁護士。

 

よろしくお願いします マリアーノ・バチガルポ・サゲセ、大学教授、UNED行政法学部および フアン・マルティネス・カルボ、弁護士、パートナー、デロイトリーガル、すでに行われた素晴らしい共同監督の仕事 イグナシオボラホイニエスタ、法学大学(ナバラ公立大学、se)の教授、結論文書の作成のためにワーキンググループの各メンバーのすべての貢献を組み込んだ。

このFideワーキンググループに参加したすべての人々は、専門的な仕事を行う団体、事務所、大学、または企業を代表するのではなく、個人的な立場で参加したため、これらの結論は反映されておらず、組織のポジションを収集するのではなく、グループの各メンバーの特定のポジションを収集します。

憲法改正への反省:国の領土組織の改革

結論文書。

12年2018月XNUMX日に投稿されました。

グループ取締役

マリアーノ・バチガルポ・サゲセ

行政法のテニュア教授(UNED)、司法権総評議会の技術内閣の元弁護士、FIDEの学術評議会のメンバー

フアン・マルティネス・カルボ

インフラストラクチャとエネルギー分野を担当するパートナー、Simmons&Simmons。
アカデミックコーディネーション:シルビアオルガニスト

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。