es Español

ワークグループ

憲法改正

どうして?

40年憲法の承認から1978周年を迎え、憲法を改革し、適応させる必要性が明らかになりました。 これに、制度的危機の認識と、新しい政治的アクターの出現で明らかになった再生の必要性が追加されました。 最後に、カタルーニャに特に影響を与える領土統合の深刻な危機は、憲法の改正を提案する必要性の最終的な理由を提供しました。 だからこそ、市民社会は議論や憲法改正案に積極的に協力することが不可欠であり、FIDEはこの議論の理想的なプラットフォームになっています。

分析領域

州の領土組織

代表的なモデル:政治的代表と選挙制度の組織としての国会。

基本的権利

手順

憲法改正III

私たちが始めているこの新しい段階では、グループは焦点を当てます基本的権利の問題における憲法の可能な改革。

この第3段階の分析では、このグループが対処する事項をまもなく公開します。

憲法改正II

選挙制度とその可能な改革の研究は、憲法の重要な要素です。 活動を続けているこのグループは、第XNUMX段階での議論に焦点を当てています。 代表的なモデル:政治的代表と選挙制度の組織としての国会。 可能な改革。 

I.-選挙区。 州、自治州、唯一の地区
II.-選挙の障壁:それらの必要性、それらの効果、州、地域または国レベルでのそれらの考慮。 
III.-選挙人と選挙人との関係を強化するメカニズムの導入
IV選挙の公式。
V.-選挙制度の他の要素:年齢、投票能力、電子投票、郵送による投票、海外での投票。
VI.-政府の憲法における多数派を促進するためのメカニズム。
VII.-選挙制度と政党制。

このワーキンググループに参加しました: 

  • Mariano Bacigalupo Saggese、 UNEDの行政法学部の大学教授。 アカデミックカウンシルオブファイドのメンバー。
  • イグナシオボラホイニエスタ、 法学教授(ナバラ公立大学、se)
  • イスマエルクレメンテオレゴ、 エコノミスト
  • マリア・ギャロテ・デ・マルコス、 契約教授ドクター(ERI)、コンプルテンセ大学憲法学部学術秘書
  • マキシミーノリナレスギル、 休暇中の州弁護士
  • ルイス・ファビアン・マルケス・サンチェス、 労使関係SA(アリンサ)アナリスト兼弁護士社長
  • フアン・マルティネス・カルボ、 インフラストラクチャとエネルギー分野を担当するパートナー、Simmons&Simmons
  • サルバドールルイスガルド、 マネージングパートナー、経済チーム
  • エンジェルサンチェスナバロ、 コンプルテンセ大学憲法教授
  • ホセ・エンリケ・セラーノ、 マドリッドコンプルテンセ大学労働法教授
  • マヌエルシルバサンチェス、 Roca Junyentコンサルティングパートナー、州弁護士
  • サンティアゴソルデビラフラゴソ、 憲法裁判所の元弁護士
  • JuanVelázquezSáiz、 弁護士、Instituto deEmpresaの元憲法教授
  • エレナ・ヴェレイロ・クート、Pérez-LlorcaAbogadosのパートナー、州弁護士
  • Ainhoa Uribe Otalora、 CEUサンパブロ大学法学と政治学の同時学位の教授兼アカデミックコーディネーター。

選挙制度改革についての考察

結論文書。

27年2020月XNUMX日に投稿されました。

憲法改正I

作業部会は、2017年2018月からXNUMX年XNUMX月までのXNUMX回の作業セッションで、XNUMX年以上にわたって会合を開き、州の領土組織に関する憲法の合意改革に関連する問題が分析されました。

40年憲法の承認から1978周年を迎え、憲法を改革し、適応させる必要性が明らかになりました。 これに、制度的危機の認識と、新しい政治的アクターの出現で明らかになった再生の必要性が追加されました。 最後に、カタルーニャに特に影響を与える領土統合の深刻な危機は、憲法の改正を提案する必要性の最終的な理由を提供しました。 だからこそ、市民社会は議論や憲法改正案に積極的に協力することが不可欠であり、FIDEはそのための理想的な議論の場となっています。

憲法改正への反省:国の領土組織の改革

結論文書。

12年2018月XNUMX日に投稿されました。

<font style="vertical-align: inherit;"><font style="vertical-align: inherit;">仕事内容

カレンダー。 WG憲法参照IIIのセッション。 主題とリーダー:

 

  • オープニングセッション25月XNUMX日基本的権利とCovid-19 "

スピーカー: ミゲルエンジェルプレスノリネラ、オビエド大学憲法教授

 

  •  セッション25月XNUMX日: 「健康上の緊急事態における基本的権利の制限:バランスと展望」

ポネンテス: ファビオマテオイースター、裁判所の弁護士およびヨーロッパの選挙法の専門家および フランシスコ・ベラスコ・カバレロ、 マドリッド自治大学行政法教授

 

  • セッション15月XNUMX日: 「表現の自由とその憲法上の保護の権利に関する質問」

スピーカー: フアン・マルティネス・カルボ、Simmons&Simmonsのインフラストラクチャとエネルギー分野を担当するパートナー

 

  • セッション21月XNUMX日: 「誤報」

ポネンテス: ミゲルアンヘルバレステロスマーティン、国防省スペイン戦略研究所所長 サンティアゴソルデビラフラゴソ、 国立裁判所の治安判事

 

  • セッション3月XNUMX日: 「デジタル世界におけるプライバシーの権利」

スピーカー: リカード・マルティネス・マルティネス、バレンシア大学のプライバシーおよびデジタルトランスフォーメーションの議長のディレクター

 

  • セッション11月XNUMX日: 「信教の自由と国家の中立」

ポネンテス: フリオ・マルティネス、ポンティフィシアコミラ大学の神学博士と ビクトル・バスケス、 セビリア大学憲法教授

 

  • 23月XNUMX日セッション: 「教育を受ける権利」

スピーカー: マリアイザベルアルバレス、ポンティフィシア・コミラス大学法学部の法学博士および憲法教授および アレハンドロ・ティアナ・フェレール、 教育・職業訓練省教育省長官

グループ取締役

マリアーノ・バチガルポ・サゲセ

行政法のテニュア教授(UNED)、司法権総評議会の技術内閣の元弁護士、FIDEの学術評議会のメンバー

フアン・マルティネス・カルボ

インフラストラクチャとエネルギー分野を担当するパートナー、Simmons&Simmons。
アカデミックコーディネーション:ビクトリアダル湖デミ

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。