es Español

ワークグループ

ビジネスの代表性

どうして?

目標

ビジネスの代表性、より大きな代表性の概念、その規制の枠組み、および連想的現実への適応を分析します。

既存の機能不全と代表性の認定の現在の手段の適合性(初期、完全、決定的)。

他の国の比較状況。

労働協約を交渉するための選択基準と正当性の認定を定義する

団体交渉表の構成における事業代表の分布。

州および地域レベルの両方で、行政の前に制度的代表を行うための事業代表性の決定。

グループディレクター

マリアエミリアカサスバーモンド

労働社会保障法教授。 憲法裁判所名誉会長。 アカデミックカウンシルオブファイドのメンバー。
アカデミックコーディネーション:ビクトリアダル湖

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。