es Español

ワークグループ

刑事行政制裁:管轄権のXNUMX倍

どうして?

から Fide 30年2020月29日の欧州人権裁判所の判決の妥当性を検証するためにワーキンググループ「刑事行政制裁:二重の管轄権」が発足しました。争議管轄権を規制する1998月13日の法律XNUMX/XNUMXによって確立された管轄権のシステム。

目標

  • ECHRの判断とその問題を公表する。
  • 制裁の管轄レビューと、活動の停止または権利の制限を暗示する他の行政行為のレビューとの間の既存の存在論的類似性を強調します。
  • ECHRと憲法裁判所がこの問題に関して採用した異なる概念を強調すること。
  • 行政処分の管轄レビューのシステムをECHRの要件に適合させるために、さまざまな代替案を提供します。
  • ECHRの法学を満たし、法制度の変更を最小限に抑えることを意味する代替案を支持する。

結論

このワーキンググループに参加しました: 

  1. Mariano Bacigalupo Saggese、行政法(UNED)の准教授、司法総評議会の技術事務所の元弁護士、および学術評議会のメンバー FIDE
  2. クリスティーナ・ヒメネス・サヴリド、社長 Fide
  3. PWCのパートナーであるDavidMell​​adoRamírez。 州弁護士。 元秘書。 財務行政省技術総長
  4. JavierSánchez-VeraGómez-Trelles、大学の刑法教授。 オリーバ・アヤラ・アボガドスのコンプルテンセとパートナー
  5. Santiago Soldevila Fragoso、国家裁判所の治安判事。 論争-行政会議所

 

このワーキンググループに参加したすべての人々 Fide、個人的な立場でこれを行っており、専門的な仕事を行う事業体、事務所、大学、または企業を代表していないため、これらの結論は反映されておらず、組織の立場ではなく、それぞれの特定の立場が含まれています。グループのメンバー。

中身

  • 30年2020月XNUMX日の欧州人権裁判所の判決、スペイン王国に対するサケッティ・イグレシアスの訴訟。
  • ワーキンググループの最初の前提。
  • ワーキンググループの目的。
  • Saquetti事件に関連するECHRの法学上のマイルストーン。
  • 条約に付属する議定書第2.2条の第7条に規定されている二重の審査管轄権の例外。
  • 国内裁判所および上級裁判所の争議行政会議所から下された判決に関連して、サケッティ法学の義務的適用に対するさまざまな代替案。
  • 国内裁判所および上級裁判所の争議行政会議所から下された判決に関連して、サケッティ法学の義務的適用に対するさまざまな代替案。
  • 上訴がない場合の、上級裁判所および国内裁判所の中央裁判所に付属する行政訴訟裁判所によって発行された判決に関連する、サケッティ法学の強制適用に対するさまざまな代替案。
  • 権利の制限的な行政決議の場合への教義の拡張。
  • ワーキンググループが到達した結論と提案。

グループの人(仲間)たち

マリアーノ・バチガルポ・サゲセ

行政法の准教授(UNED)、司法総評議会の技術事務所の元弁護士、および学術評議会のメンバー FIDE

クリスティーナ・ヒメネス

大統領。 ファウンドレス。

デビッドメラドラミレス

PWCパートナー。 州弁護士。 元財務行政省技術事務局長

ハビエルサンチェス-ベラゴメス-トレレス

Complutense大学の刑法教授であり、Oliva-Ayala Abogadosのパートナーであり、 FIDE

サンティアゴソルデビラフラゴソ

国立裁判所の治安判事。 論争-管理室。
アカデミックコーディネーション:ビクトリア州 Dal Lago デミ

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。