es Español

包括的正義

「法務部門における障害者の法人化、統合、発展のための適切な行動方針を引き続き開発する必要がある」
プレゼンテーション中に撮影した画像

エアー、 クリスティーナ・ヒメネス・サヴリド、プレジデンテデ Fide コースに参加しました 「包括的正義」、  レイファンカルロス大学の法務アシスタントコースとエスフェラ財団に関連して開催されたサマーコース。 DI容量のGT de Fide 激しく協力します。

プレゼンテーション中、それ以降に実施された作業 Fide と Di-Capabilityワーキンググループ のプロモーションについて 包括的措置 これにより、障害を持つ人々が法務部門に統合され、貴重な機能を実行できるようになります。 このグループは、 フェルナンド・バザン、マルガリータ・フェルナンデス、アナ・イゲラ、クリスティーナ・ヒメネス、持っている 効果的かつ真のコミットメント 障害者と

En DI容量 (専門企業における障害に関するグッドプラクティスに関するワーキンググループ)私たちは、大学との戦略的提携を引き続き模索しています。 私たちの目的は、法務部門への専門的な法人化を支持するために、最高の多様な才能またはさまざまな能力を持つ才能を見つけることです。

大学を問わず、学生ケアやオリエンテーションサービスに従事していて、このプロジェクトに興味をお持ちの方は、ぜひお会いしましょう。 グループコーディネーターのEmiliaMalacalzaに連絡してください。

このワーキンググループはで構成されています 法律事務所における障害者の法人化、統合、育成のための適切な行動方針を策定する必要性に同意した一連の専門家。

の公開後 法律事務所における障害者の法人化と専門能力開発のためのグッドプラクティスガイド 昨年XNUMX月、 作業を継続します en Fide、ガイドを構成するオフィスで それに署名した新しい会社と一緒に.

このコースの活動2021は、 URJC法律事務所 の実現のために プラクティス 学生によって。

コンテンツ、アクティビティ、コーチングセッションをデザインするための共同ワークセッションを開催しました。

その結果、成功を収めています。 そして何よりも、それはより多くのオフィス、法律相談会社および他の機関に適用することができます。

記事がおもしろいと思ったら、

ソーシャルネットワークで共有することをお勧めします

Twitter
LinkedInnnnnn
Facebook
お使いのメールアドレス

コメントを残します

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。