es Español

の労働問題における危機内閣の提案 Fide ERTEについて

「私たちは、労働問題に関する危機内閣の最初の提案を提示します。この提案では、閣僚は、臨時雇用規制ファイルの臨時規制を年末まで、または少なくとも30月XNUMX日まで延長することを推奨しています。」

警報状態の間、COVID-19パンデミックの管理のための法令、 Fide 労働問題に関する危機内閣、専門家および複数の反省グループを立ち上げ、 マリアエミリアカサスバーモンド、労働社会保障法の教授および憲法裁判所の名誉会長。 アカデミックカウンシルのメンバー Fide。 この内閣はXNUMX回会合し、その会合の間に、緊急法規制に含まれる実質的、手続き的および手続き的秩序において共同で行動した労働および社会保障措置に取り組み、この労働の技術および制度を分析し、緊急時の社会保障法、監禁段階と正常化に向けた「エスカレーション解除」段階の両方。
 
私たちは提示します 労働問題に関する危機内閣の最初の提案内閣のメンバー 臨時雇用規制ファイルの臨時規制を年末まで、または少なくとも30月XNUMX日まで延長することをお勧めします。 この提案は、企業、学界、専門事務所など、労働法と社会保障の分野で専門的な活動を展開している著名な専門家によって議論と反省を受けています。 これは、内閣のメンバーによって策定された最初の提案であり、その後に他のメンバーが続き、そのすべてが、それを構成する著名な専門家による議論と反省の対象となります。

記事がおもしろいと思ったら、

ソーシャルネットワークで共有することをお勧めします

Twitter
LinkedIn
Facebook
お使いのメールアドレス

コメントを残します

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。