es Español

危機後の世界における知財の役割

グローバルデジタルエンカウンター

方法の徹底的な分析 知的財産 COVID-19 危機に対応し、その先にある課題

2020-2021

Contents [show]

  • 知的財産
  • IPシステム
  • トレード
  • 投資
  • 国際知財
  • 知的財産仲裁
  • 人工知能
  • 本ソフトウェア
  • データ
  • 特許
  • 商標について
  • 企業秘密
  • データ
  • 著作権
  • Brexit
  • ワールドワイドIP
  • 持続可能な開発目標 (SGD)
  • 地理的表示
  • トレーサビリティ
  • ワクチン

提案された引用:

L. Manderieux 他、 危機後の世界における知財の役割、グローバル デジタル エンカウンターズ、FIDE / TIPSA、2021 年。

もっと欲しい?

何かトラブル?

上記の文書を読むのに問題がありますか?

心配しないで、独自のコピーをダウンロードしてオフラインで読むことができます。

文書の背後にいる人々に会う

グローバル デジアル エンカウンターズ チーム

  • ローラン・マンデリュー、共同ディレクター
  • マヌエル・デザンテス、共同ディレクター
  • ハビエル フェルナンデス-ラスケッティ、アカデミック コーディネーター
  • Álvaro ARRIBAS、テクニカル コーディネーター
  •  

アカデミックファミリー

  • 出会い1
    • ジェーン・ギンズバーグ教授
    • ローラン・マンデリュー教授
    • アンセルム・カンパーマン・サンダース教授
    • マヌエル・デザンテス教授
  • 出会い2
    • クラウディオ・ドルディ教授
    • YsoldeGENDREAU教授
    • アントニー・トーブマン
    • ザビエル・セウバ教授
  • 出会い3
    • ヘニング・グロッセ・ルセ・カーン博士
    • ロシェル・ドレイファス教授
  • 出会い4
    • チョン・ナン・ラム
    • キャサリンA.ロジャース教授
    • イグナシオデカストロ
  • 出会い5
    • ノアム・シェムトフ博士
    • 項籍教授
    • マルコ・ドイツ博士
  • 出会い6
    • アイリーン・カルボリ教授
    • アレクサンダー・フォン・ミューレンダール博士
    • シュキン・リン教授
    • アルベルト・カサード・セルビオ博士
  • 出会い7
    • ニコラス・ビンクチン教授
    • シャロン・K・サンディーン教授
    • ハビエル・フェルナンデス・ラスケッティ教授
  • 出会い8
    • クリストフ・ガイガー教授
    • ダニエル・ガーヴァイス教授
    • ウルリカ・ウェネルステン裁判官
  • 出会い9
    • アリソン・ファース教授
    • クレイグ・ナード教授
    • アラン・ストローエル教授
    • ガブリエレ・ガグリアーニ教授
  • 出会い10
    • エドワード・クワクワ教授
    • ピーター・ユー教授
    • ミリアム・アレナ教授
  • 出会い11
    • パトリシア・コヴァルビア教授
    • ジャスティン・ヒューズ教授
    • デルフィーヌ・マリエ・ビビエン教授
    • アルル・ジョージ・スカリア教授
  • 出会い12
    • デビッド・ミルチン教授
    • ディディエ・パトリー教授
    • マイケルガイスト教授

サポートチーム

  • アリエルアバディーン
  • バヤン XIAO
  • ユリア・ボリソバ
  • フィレンツェBYRD
  • ルベン・カノ
  • マガリコンタルディ
  • マウリツィオCRUPI
  • ララ・ファルギア
  • RebecaFERREROGUILLÉN
  • AlejandroGARCÍAMARTÍNEZ
  • USA HUHTA
  • アナスタシアKYRYLENKO
  • ハビエル・ランペズ・グズマン
  • アルドファブリッツィオMÓDICABAREIRO
  • CarlosMUÑOZFERRANDIS
  • ホルヘ ルイス オルデリン フォント
  • ドロティアパク
  • アテナポイスキー
  • RaúlRUIZRODRÍGUEZ
  • LuzSÁNCHEZGARCÍA
  • ギリッシュ・ソマワペット・ナルガジ
  • Letizia TAKEN
  • ビセンテ・ザフリーラ・ダクアズ・マルタ

これからも頑張っていきます!

危機後の新しい世界における知的財産の役割についての XNUMX 年間の集中的なシンクタンク作業と議論により、知的財産の再発明に関する戦略、意見、および知的財産の欠点を考案することができ、社会のすべての利害関係者のニーズによりよく適合するようになりました。
これまでに組織された 12 の GDE 全体で実施されたすべての作業の後、私たちは現時点で「危機後の世界」からより広い範囲に焦点を拡大すべきであるという結論に達しました。世界の出来事に照らして完全に展開されました。
したがって、Fide と TIPSA は、次のような新しい拡張された目標とロゴを備えた、さらなるシンクタンク作業のために、Global Digital Encounters プログラムの開発を継続することを約束します。

絶え間なく変化する世界でIPを再考する

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。