es Español

AIのXNUMXつの主要な社会的、法的、経済的モデル:結婚の余地はありますか?

「制度的関係を与える Fide 私たちは、2020月30日日曜日の午後15時30分(CEST)にECAIXNUMXで開催されたこのパネルを組織し、AIのXNUMXつの主要な社会的、法的、経済的モデルについて議論しました。」

ECAI2020パネルの記録を共有したいと思います«AIのXNUMXつの主要な社会的、法的、経済的モデル:結婚の余地はありますか?» Fide およびECAI2020デジタルのコンテキスト内のCiTIUS。

今年の第24版 ECAI(「人工知能に関する欧州会議」) 29年8月2020日からXNUMX月XNUMX日まで開催されました。 CiTIUS(サンティアゴデコンポステーラ大学のインテリジェントテクノロジー研究のための特異なセンター-スペイン)、半世紀の歴史の中で初めてデジタルイベントの形を取りました。

AIは、IV産業革命のスターテクノロジーです。 しかし、米国、中国、ヨーロッパでの開発の基盤は対立しています。 新しい時代を築くための共通の問題を探しているXNUMX人のリーダーとの魅力的な議論をお見逃しなく!

AIの主要なプレーヤーがシーンを設定し、次のように視聴者に返信します。

  • AIの責任ある説明責任のある開発のためにテクノロジー企業や政府が直面する課題
  • 経済発展、市民のニーズ、労働問題に対応するために、政府はAIの成長を妨げることなく、どのように規制できるでしょうか。
  • 政府や企業以外の他のプレイヤーのためのスペースはありますか?
  • どのアクションをヨーロッパで具体的に開発する必要がありますか、それともヨーロッパは「列車を失った」のでしょうか?
  • 米国、ヨーロッパ、中国の最新の動向を比較するにはどうすればよいですか? AIをリードするのは誰ですか? AIをリードするのは誰ですか?

パネリスト:

  • マーガレットチェン、OptimusHorizo​​nの創設者 
  • Cornelia Kutterer、 マイクロソフトの法の支配および責任ある技術、欧州政府問題担当シニアディレクター*
  • ヌリア・オリバー、Data-Pop Allianceのデータサイエンティスト、Vodafone Instituteのチーフサイエンティフィックアドバイザー、ELLIS(European Laboratory for Learning and Intelligent Systems)の共同創設者。

モデレーター:LaurentManderieux教授、イタリア、ミラノのL.ボッコーニ大学の知的財産法の教授。 アカデミックカウンシルのメンバー Fide.

パネルディレクター:マヌエル・デザンテス教授、1992年からアリカンテ大学の国際私法の教授であり、Elzaburu社の顧問弁護士。 アカデミックカウンシルのメンバー Fide.

このパネルを楽しんでいただき、ECAI2020のWebサイトを確認することをお勧めします。 https://digital.ecai2020.eu/。 会議は、5月8日まで、さらにXNUMX日間、すばらしいコンテンツを取り上げます。

*残念ながら、Cornelia Kuttererは技術的な問題により、イベントに参加できませんでした。

記事がおもしろいと思ったら、

ソーシャルネットワークで共有することをお勧めします

Twitter
LinkedInnnnnn
Facebook
お使いのメールアドレス

コメントを残します

このサイトはAkismetを使用して迷惑メールを減らします。 コメントデータの処理方法を学ぶ.

お問合せ

フォームに記入してください。すぐにチームの誰かから連絡があります。